便利屋稼業



便利屋の最初の仕事は、イノシシよけの柵を作る仕事でした。

伊豆半島南西部の山奥、きれいな沢が流れる近くの畑でした。

先輩2人と私で現場に着くと、製材所のバタで作った柵がしてありました、
しかし少し先の方でなにか動いているもの発見。

しかし先輩2人はそれに気づいていない様子、その飛び跳ねてるのはどうみても、鹿。



「ここは鹿を飼っているんですか・・・?」と、私。

「・・・・・」と、先輩2人。

「あそこに」と、私。

「お〜〜〜〜っ!」と、先輩2人。

後ろ足を怪我してジャンプできないらしい、柵を一部こわして外へ逃がした、可愛い顔をしたオスの鹿だった。


そうこうしていると90歳くらいのおじいさんが一輪車を転がしながらやって来た。
鹿がいた話をすると何故つかまえなかったのだ、と言う。

話を聞くと一頭5〜6万で売れるという、おまけに今は肉が美味いという。
どうやってつかまえるのでしょう?と聞くとロープを投げてグルグル巻にするんだ、と言うことでした。

そんなカウボーイみたいなこと出来るのかな〜?と不信に思いながらも、「あんな可愛い目の鹿を・・・、ちょっとできんな〜」と思いつつ、イノシシの柵を作りました。




e0053568_14163075.jpg




快晴に恵まれ汗をかく程に暖かい日でした。
仕事を終え国道まで降りてくると、対岸の御前崎までもくっきりと見え、駿河湾は少し傾きだした午後の太陽をキラキラと映していました。
[PR]
by aholy | 2007-11-15 15:02 | これまでの作品の一部 | Comments(12)
Commented by yu-ki at 2007-11-15 15:10 x
しばらく伊豆に住んでいたけど「鹿」は見たこと無かったな~

東京も今日はとってもあったかいです。
最近、時乃ちゃんをバギーに乗せてりっちゃんのお迎えに行ってます。
娘二人とのーんびり歩いて帰ってくるのは何だか楽しいです。

早く里帰りしたいもんだなぁ
海が見たいです♪
Commented by aholy at 2007-11-15 18:08
いつでも里帰りしていいぞ〜。まっとるけんね〜。

散歩するにはいい季節だし、そのあたりは町の中だけど車はあまり来ないからいいよね〜、なつかしいな〜、そのへん・・。

ちなみに君の弟はイージーライダーになっとるよ、次女はフルフェースのヘルメットを被って欲しかったらしい、でもあのバイクにはフルフェースのメットは似合わないからな〜、と言った。
Commented by 波音まま at 2007-11-16 00:04 x
この絵、可愛いですね〜。ぜひポストカードやピエゾにして下さい♪

便利屋さん1発目は柵作りでしたか。。。。
確かに鹿はいますよね。山の中で立派な角を拾ったことがあります^^

きじ、たぬき、猿、あなぐま、はくびしん、いたち、猪・・・・。
我が家の前もいろんな動物が通っていきます。

今日は、湘南から来た猟銃会の人が猪猟りをしていましたが、地元の猟銃会は山の奥のほうで猟をするのが暗黙のルールなのですが、今日は違いました・・・。
本当に道路の近くで、うちの前で銃声がパンパン鳴り響き、あまりの銃声の近さの恐怖に家の奥に逃げ込みました。あれはいかんとです。
ルール違反です。。。。

彼らの軽トラには大きな猪が数頭と、小さな小さなウリ坊が2頭。
小さなウリ坊は撃たないわけにはいかないのかな〜?となんだか可哀想になり、テンションが下がった1日でした。
Commented by lan at 2007-11-16 00:22 x
綺麗な浜~♪新作ですか?

鹿は美味しいけど、流石に自分の手で捕まえて食うにはねぇ。。^^;
Commented by 夢草mico at 2007-11-16 01:02 x
素敵な絵、娘さんと愛犬?
鹿を逃がした話も、味わい深かったぁ〜
Commented by siva at 2007-11-16 01:31 x
鹿なら一回お母さんと見たよ。
なんか最近伊豆はいいとこだとつくずく強く感じるようになったよ。。。

フルフェイスではなくハンボウかぶって突っ走ってます。

いつか公開しに行きます。
Commented by aholy at 2007-11-16 08:10
波音さんおはよー。
確か狩猟は民家から規定の距離以上離れないと打っちゃダメという規則があるので、そういう場合は通報していいとおもいますよ。
4〜5年前わが家の庭先まで入り込んできた猟師に、さすがに僕も切れました。
この絵ポストカードはあります、ピエゾも近いうちにデビューします。
Commented by aholy at 2007-11-16 08:13
lanlanおはよー。
真夏の掃除のバイトの頃の絵、海に行きたいな〜という気持ちが目一杯出てるんだけど、タイトルは no wave.
鹿肉食べたことあるの?
Commented by aholy at 2007-11-16 08:16
micoちゃんおはよー。
一応自画像みたいな気持ちだったけど、少女とその愛犬にしようかな。
鹿ほんと可愛かった、足も治って元気に山中を駆け回ってほしい。
Commented by aholy at 2007-11-16 08:25
sivaおはよー。
中の坂だろ、その時父が運転してなかった?、なんか中の坂で見た記憶がある。
うん、やはりいいところだ、世界各地を旅した友人達も結局戻ってくるもんな〜。
先日も一緒に仕事をすることになったs君もそんなこと言ってた。
気をつけて帰って来いよ! いいな〜あのバイク!
Commented by Ichiro at 2007-11-18 17:41 x
いい絵ですね。オモテの絵も大好きです。やっぱり海への想いが出てますよ。逃がした鹿と仕事の後の晴れた海。いい事したいい一日でしたね。
Good Job!です^^
Commented by aholy at 2007-11-18 22:30
こんばんわ、ichiroさん。
ありがとうございます、最近色々な作品のアイディアがうかんできます。
しかしながらキャンバスに写すとどーも違うんです、まあそれもいいかなんて思ってますが・・。
どでかい作品をなんても思ったりしますがやはり大きさにも限界がありますね。
今日は別荘の引っ越したあとの後かたづけでいろいろいい物をもらいました、キョウモグッジョブ!
<< 変身の術 ときには、おもいもよらず。 >>